スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

先生のご本が!

図解 戦国武将別日本の合戦40図解 戦国武将別日本の合戦40
(2010/06/03)
若桜木 虔山中 將司

商品詳細を見る


先生の新しいご本が出版されました。
戦国時代の有名な合戦について書かれたものらしいのですが、歴史ファンにとってはたまらない一冊ですね。
は。しかも図解なんだ。
わたしはアマゾンから届くの待ちです。
はやく読みたいー。

戦国時代の本って、今のブームもあって、冊数はやたら出てるけれど、当たりを引くのが本当に難しいのです。
その点、若桜木先生は信頼できます。

合戦って、正直、ごっちゃになっちゃって、日頃から困ってたので(恥もかいていたので)、助かるなあ。
スポンサーサイト
  1. :読書記録
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

人類の歴史が変わってしまうほど凄い小説

弓月城太郎(著)『神秘体験』を読みました。
久しぶりのSF小説なんですが、いやー、面白かったです!

SF特有の取っつき難さも感じず、物語の中へすんなり入っていけました。
情報量はすごいのに、素人を突き放したりはしないんです。
わたしのようなSF初心者の方にも、是非、読んでほしい小説です。
多分、SF界への取っ掛かりになるんじゃないかな。
ソフィーの世界、SFバージョンっていう印象を持ちました。

本編は、宗教と科学を上手く絡ませながら、想像を絶する方向へと展開していきます。
ああ、上手く説明できないのが悔しい。
もうこれ、読んでくれとしか言いようがないです。

様々な題材が、息つく間もないくらいに登場するのですが、中でもわたしは、『コンピューターとプロ棋士』の対戦が気に入っています。
どうやら、『神秘体験』の姉妹編『異端の饗宴』という作品もあるようなので、そっちも読んでみたいです。


弓月城太郎のSF小説『神秘体験』を無料でダウンロード
http://plaza.rakuten.co.jp/yuzukijoutarou
  1. :読書記録
  2. :トラックバック1
  3. :コメント2
  4. :このページのトップへ

もやっと感がクセになる

『四人の女』読了。
パット・マガーは、人間の持つ矛盾を描くのがとても上手い。
二律背反性を、わたしももっと意識したいと思った。

それにしても、アメリカって新聞のコラムが、日本では考えられないくらい重要視されているみたいです。
「宣伝のためにメディアを利用してやるぞ」って意識が、日本人よりぐっと強いのだろうなあ。
宣伝する対象は、商品より、自分なんですよね。
  1. :読書記録
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

主人公が○○られちゃう小説って……!

『パフューム ある人殺しの物語』読了。
ラストが壮絶……!
いままで、こんな目にあう主人公いたかな~~。
この本がベストセラーになったのも、すごい話です。
だってラストが……!
映画も評価が高いようなので見てみたいです。
プロットがもっとがっつり作られていて、中だるみがなかったらとてもよかったのですが。
あとは、倫理観の違いが。
なんだかんだで、わたしはどうも、きれいな世界が好きな模様。
ただ、そういうの全部忘れるくらい、ラストが神でした。
  1. :読書記録
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

森鴎外に陶酔中

『雁』読了。
時代と運命に阻まれて、望みを諦めるざるを得ないお玉の人生。
山椒大夫や、阿部一族のやるせなさと通ずるところがあった。
わたしは、諦めちゃいけない人たちをいつでも書いているけれど、実際、人が生きてくなかでは諦めることのほうが多いのだろうなあ。どうにもならない状況って、どうしたってあると思う。
自分のキャラクターたちも、諦めることのやるせなさを知った上で、諦めない選択を選んで欲しいものです。
  1. :読書記録
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。